島原市定住・移住サイト定住移住トップへ

結婚アドバイザー Ring

最終更新日:
島原へ移住された方をご紹介します
PROFILE
坂本さん



坂本 直子さん(Ring 経営)
出身:山口県出身
移住時の年代:30 代
移住スタイル:Iターン
島原移住後に起業。“Ringは島原市公認で島原男子の結婚を応援しています。
 
INTERVIEW
 

移住のきっかけは子育てでした

主人が島原出身だったので、お付き合いしてるときから何度も島原を訪れる機会がありました。

船から見える風景がとてもきれいで、三池港から船に乗ってくるたびにわくわくしてしまいましたね。

 

移住のきっかけは子育てです。一人目を出産して、いざ保育園に預けるということを考えたときに、初めての子どもだったので小さな子を預けることに、とても躊躇してしまって・・・色々考えているうちに「島原に帰ろう」ってことになりました。

私自身も大自然の中で育った経験から、自然の中でのびのびと子育てしたいと思っていましたから。

 

 

島原は人と人の距離がとっても近く、子育てするには最適だと思いますよ

 

公園

自然豊かな周辺環境

島原での子育て環境は、不便なこともないですし、子ども達が遊べる公園が充実しているところも、とても気に入っています。
それに、人と人の距離が近いから、子育て支援センターでもみんなが声をかけてくれます。隣近所もとても仲がいいんですよ。
「お赤飯炊いたよ~」とか「お魚釣ったから、食べるの手伝って」とか、本当に親切にしていただいてます。
都会では考えられないですね。
島原はとてもあたたかいまちです。
 
環境だけではなく、子育て支援制度も充実しています。特に「保育料無料制度」(すこやか子育て支援制度)2人目からは保育料が無料になるんですが、これは本当に助かります。この制度があるから2人目3人目を生もうかなとも思いますし、月2000円分のオムツ購入券(すこやか赤ちゃん支援事業)も助かります。金銭面だけではなく人の支援もあって、核家族向けの産前産後のママサポートも実際に利用していますが、本当に助かりました。
 
 

 

本物の自然の中で感じて学ぶってすごくないですか!

干し柿

島原は、都会に比べてほどよい人数なので、ひとり一人の個性をちゃんと見てくれている、子ども達がとっても大事にされていると感じます。

特に保育園はのびのびとしているところがいいですね。

私のイメージしていた普通の保育園では、公園に移動するときは大きな輪っかを握って一列に並んだり、みんな一緒にお絵かきの時間と決められていたりしていると思いますが、お散歩しながら木の枝を拾ったり、園庭で焚き火をしたり、包丁を使って料理をしたり、どろんこになって遊んだり。

 

都会では考えられないでしょう?

自然の中で「感じて学ぶ」。そんな保育園って他にはないですよね。

 

 

私が島原で起業した理由

結婚アドバイザーとして起業したのは、島原生活の2年目です。
それまでも、ずっと何かしら起業をしたいなとは思っていました。私自身、何か特技があるわけでもないですが、とても人に恵まれた環境だったと思います。たまたま、何組かのカップルを結婚に結びつけたことがあって、縁があったんでしょうね、それが仕事になりました。
 
島原には、ステキな男性が多いんですよ!でも埋もれている・・・もったいない!
人見知りする人が多いのか、格好良く見せるのが下手なんです。そんな人たちの背中を押して、一歩踏み出してもらえるのがうれしいです。
 

 

島原は生活環境・子育てにもサイコーのところです

無人販売


家族みんな島原の野菜がとっても好きなんですよ。
とにかく野菜が安くて美味しいですし、なんといっても採れたて野菜が食べれるからです。

いつも無人販売所や直売所に行って買っていますが、この間は大根が1本10円、キャベツも3コで100円。
つい、たくさん買ってしまうので、いまは、野菜の保存食づくりにもチャレンジしてます(笑)。
 
本物の大自然とおいしい食べ物、島原にはたくさんの幸せがありますよ!
 
 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5463)

島原市市長公室 島原ふるさと創生本部
〒855-0866 島原市南下川尻町7番地4(仮事務所:雲仙復興事務所2階)
電話:0957-62-8012 ファックス:0957-62-8115

Copyrights(C) 2019 Shimabara City Allrights reserved.